印鑑と実印

印鑑は使用する用途によって違いがあり、文字の訂正のために捺す「訂正印」、確認したことを表すために捺す「認印」そして、「実印」があります。
実印は不動産や車などの売買、公正証書などの重要な取引や手続きを申請するときに、必ず必要になる印鑑です。
これは印鑑を住民登録している市町村の役場に自身の戸籍上の姓名を彫刻した印鑑を登録申請し、受理された後、公において自分の印鑑であると証明する「印鑑証明書(印鑑登録証明書)」が発行されます。この印鑑登録がされている印鑑を実印と呼び最も重要な印鑑となります。
15歳以上であれば一人に付き一本だけの登録となり、外国人でも外国人登録していれば印鑑登録することができます。また、個人だけでなく、法人でも会社を設立するには実印を作り法務局に登録してもらう必要があります。そこで法人として印鑑証明を取ることができますから、会社として間違いなく登記されているという証明にもなります。
印鑑を作りその印鑑を登録する。そして、その印鑑と印鑑証明書を合わせて提示することで、自分や法人の身分の信用を得られる重要な印鑑となっています。そのため、捺印する場合には書類の内容をよく読んで慎重に扱うことが大切です。